地下核シェルターとは

核攻撃や爆撃だけでなく、耐震、台風などの自然災害にも対応する地下核シェルターの設置は、住環境・地形・地質・標高など設置する場所の条件によって、設置方法は千差万別です。
当社で施工可能な地下シェルターは、NBCREに対応する優れた能力を持っていますので、どのようなご希望にも対応いたします。

【上記図のモデルシェルターに設置されている機能】


● NCBフィルター:死の灰、細菌・神経ガスを除去するフィルター
● 差圧計:シェルター内部の圧力を常に大気圧よりも高めに維持するための測定器
● 調圧バルブ:送風機で大気圧より0.5~1.5mb高めにされた内部圧力を維持しながら、室内の汚れた空気を外部に排出する。
● エアーロック室:シェルター内部より排出される空気は、一旦エアーロック室に入ります。2枚の耐爆ドアのうち1枚が閉じられていれば、汚染外気が内部に侵入するのを防ぐことができる。
● 耐爆風バルブ:エアーロック室に入った空気はこのバルブを通って外部に排出されます。爆風、火気熱風などにより外圧が急に増加した場合は、この耐爆風バルブが瞬間的に閉鎖されて外気を遮断します。
● 耐爆風ドア:鋼鉄製又はコンクリート製のドアです。平時は貴重品保管室、防災用品倉庫、備蓄食糧庫、防音室、カラオケ・テレビゲームなどのレジャー室としてご利用出来ます。
● エスケープドア:なんらかの原因で耐爆ドアが使用不能になった場合、この非常用出口から脱出出来ます。

 


広島・長崎に投下された原爆は、TNT火薬に換算して2万トン相当、つまり23キロトンにあたります。1メガトンの核兵器は、広島・長崎クラスの原爆の50倍の爆発があります。しかし破壊力は50倍ではありません。 科学的には3√50=3.68倍と算定されます。また地形・建物や木立などの抵抗により、実際の破壊力は、その1/2程度に減少すると推定されます。

シェルターとは避難場所のことです

現在お住まいのお部屋に家庭用核シェルター(特殊空気ろ過機)を取り付けるだけ!有事の際、あなたとご家族の生命を守ります!

お部屋に危険な外気(放射性物質、VXなどの毒ガス、細菌など)の室内進入を防ぐ特殊空気ろ過フィルター機を設置して簡易核シェルター化します。

株式会社ウイングル

〒002-8022 北海道札幌市北区篠路2条2丁目2番10号 代表取締役   山田 竜寛 mail:yamada@wingle-c.jp  TEL:011-299-7630 FAX:011-299-7640 URL:www.wingle-c.jp  
TOP